Interior Learning Desk

長い期間使える学習机を選ぶために注目すべきポイントとは?

小学生になったら必要な物

勉強

学習机を買うときはデザインの良さも大切ですが、長く使えるかどうかも大切です。また机の高さや座り心地が良いかどうかも、子供にしっかり聞きましょう。そしてお得に学習机を買いたい方は訳あり商品がオススメですよ。

もっと読む

小学校入学の準備

男の子

学習机は小学校入学前の幼稚園や保育園に通っているお子様がいる家庭が、ランドセルなどと合わせて購入します。学習机の購入時期は9月から3月がメインの時期ですが、9月、10月頃は早割、そして年末年始セールの他に4月以降はオフシーズンとなり安く購入する事が出来ます。時期を選んで購入する事がポイントです

もっと読む

利き手に合わせる

学習机

選び方のポイントとしては、収納が十分にあるか、子供の利き手はどちらか、その利き手に合った机か、調節は可能か、などがあります。しっかりとポイントを押さえた学習机選びをすることで、後悔のない長く使える学習机を選ぶことができます。

もっと読む

利き手に合わせる

子供に合った机を選ぶ

学習机

学習机の購入の際に、どれを選んだらいいのかと悩む人も多いのではないでしょうか。この学習机選びでは使いやすさがポイントになります。これから小学校に入学をするといった子供の学習机選びでは、小学校での学習内容をよく考えて選びましょう。まず重要になるのが収納です。勉強に必要な道具がすぐに取り出せるような環境なら、やる気がそがれることも少ないです。小学校では教科書やノートだけでなく、絵具であったり楽器も使うことになります。このような道具がするに取り出せるような収納がある学習机が良いでしょう。また、利き手に合った学習机かも重要なポイントになります。多くの机が右利きの人に使いやすいように作られています。もし、子供が左利きといったケースでは、引き出しや収納部分が使いやすいかをチェックします。収納が移動できるような机なら、左利きでも使いやすい学習机と判断ができます。その他にも、机や椅子が調節可能なものを選ぶことも大切です。子供は日々成長し、体も大きくなるため今の体に合っていても、数年で利用しにくい学習机となることもあります。このようなことにならないためにも、調節可能な学習机がおすすめです。学習机は意外に多く販売されているのですが、子供に合ったものを選ぶとなると意外に難しいものです。また、高価なものも多いことから、後悔のない机を選ぶことが求められます。小学校での学習内容や子供の利き手、成長した時のこともよく考えて選ぶようにしましょう。

勉強嫌いにしない方法

男性

世の中には、勉強が嫌い子どもと好きな子どもに分かれます。どうして好き嫌いが分かれてしまうのかは、自宅の勉強する環境が大きく影響しています。勉強が嫌いな子どもが自宅で勉強する場合、自分専用の学習机がなかったり、家族がみんないる場所だったりという環境になっていることが多いです。一方、勉強が好きな子どもの環境は、自分専用の学習机があり自分だけの空間を作れるようになっていることが多いです。それに、勉強が好きな子どもの学習机には、勉強するために必要な道具などのみがあるわけではありません。ゲームやおもちゃ、漫画なども置いてあります。人のよっては、「子どもが好きなものばかりを置いていたら集中できないのでは」と思うかもしれません。しかし、実は子どもが好きなものも学習机周りに置いてあったほうが机に向かいやすくなり、勉強してから遊ぶという流れを自ら作るようになります。ですから、勉強好きな子どもに育てないのなら、まずは机に向かわせることが大事なのです。学習机を選ぶ時も、子どもに選ばせてあげるのも効果的です。自分で好きなデザインの机を選ぶことで、自分だけ特別なものと認識するからです。それに、小学生になるからということで特別感もあるので、大事に扱って勉強しようと思えるようになります。またいまはベッドと一体型のもの、大きくなっても使用出来るものなど、学習机も多様化してきています。色々なものを見た上で、どれが子どもに適しているかを見極めて購入しましょう。

シンプルなデザインも人気

女の子

子供が生まれて小学校入学が近づいてくると、購入するものと言えばランドセルでしょう。ピカピカのランドセルを背負う子供の姿に成長を感じる親や祖父母も多いことでしょう。ランドセルと共に学習机も入学式の前にそろえたい物の一つです。小学校に入って本格的に勉強がスタートするため、学習机は必要になってきます。学習机を購入するメリットは、学習する意欲向上と集中力・姿勢を良くするという目的もあります。小学校入学時に学習机を購入することで自分の部屋を持たせる親も多いため、子供部屋のインテリアを揃える必要があります。学習机も今ではさまざまな種類が販売されています。ライトや棚が備え付けであるものや、利き手や使いやすさに合わせて自由に移動させるタイプも多いです。今では組み合わせ家具としての学習机が主流となっているでしょう。また机やベッドなどを組み合わせたインテリア家具としての机もあり、よりスペースを広く取ることができるタイプや、収納を重視して机の上に二段ベッドのようにして組み合わせるタイプも人気があります。学習するための机なので、本や教材を収納するスペースや頑丈な作りでなければなりません。またインターネットやタブレットの普及により、机の上にパソコンやタブレットを置くことも考慮に入れ、机を広くしたり電源部分を多くするなど、現代っ子のニーズに合わせた学習机が多数販売されています。学習机もインターネットで購入することもでき、より購入しやすくなっています。