Interior Learning Desk

長い期間使える学習机を選ぶために注目すべきポイントとは?

小学生になったら必要な物

勉強

学習机を買うときはデザインの良さも大切ですが、長く使えるかどうかも大切です。また机の高さや座り心地が良いかどうかも、子供にしっかり聞きましょう。そしてお得に学習机を買いたい方は訳あり商品がオススメですよ。

もっと読む

小学校入学の準備

男の子

学習机は小学校入学前の幼稚園や保育園に通っているお子様がいる家庭が、ランドセルなどと合わせて購入します。学習机の購入時期は9月から3月がメインの時期ですが、9月、10月頃は早割、そして年末年始セールの他に4月以降はオフシーズンとなり安く購入する事が出来ます。時期を選んで購入する事がポイントです

もっと読む

利き手に合わせる

学習机

選び方のポイントとしては、収納が十分にあるか、子供の利き手はどちらか、その利き手に合った机か、調節は可能か、などがあります。しっかりとポイントを押さえた学習机選びをすることで、後悔のない長く使える学習机を選ぶことができます。

もっと読む

小学生になったら必要な物

選び方とお得な買い方

勉強

子供が小学校に入学したら必要な物が「学習机」ですよね。学習机は小学校から人によっては高校生くらいまで長く使うものです。なので、学習机を買うときは「小学校を卒業しても使うことができるか」が凄く大切です。キャラクター物やピンク色の学習机はとても可愛いですが、長く使うには不向きです。なので、出来るだけシンプルで飽きのこないものが良いですよ。また、学習机を買うときは通信販売ではなく、実際に自分の目で見て買うのをオススメします。同じようなデザインの学習机でも机の高さや椅子の座り心地がまったく違います。木の素材の学習机が多いですが、木の質感もザラザラしていたり、ツルツルしていたり商品によって違うので、実際に見て触ってみましょう。長く使うものだからこそ、本当に良いと思った学習机を選びましょう。小学校に入学するときには必要な物がたくさんあり、お金がとてもかかります。親に支援してもらう方もいますが、全て自分たちで買う人もたくさんいます。そういう場合はできるだけ安く良いものを買いたいですよね。そこでオススメしたいのが「訳あり商品」です。訳ありといっても使いにくかったり、壊れている商品ではありません。パッと見は分からない所に1cmくらいの傷があるだけで、定価より1万円以上安くなってたりします。学習机は決して安いものではないので、小さな傷なんて気にならない方は、訳あり商品を買ってみるのもひとつの手ですよ。また、現在では新品商品でも、機能が少なくシンプルなものや小さいサイズのものなどであれば安く購入することも可能となっています。新品の学習机がほしいけど、費用を安く抑えたいという人はそのような商品も探してみるとよいでしょう。

種類が豊富です

女の子

学習机は子供がいる家庭では小学校の入学などを機会に購入を検討する家具です。最近ではリビング学習が子供の学力を伸ばすといったデータも登場しているため、学習机の形状は多種多様になっています。リビング学習向けに開発された学習机は、いわゆるシステムデスクではなく、リビングのインテリアに馴染むようなおしゃれなものが販売されています。また、子供部屋に設置する場合の学習机においても、成長にあわせて変化できるアイテムが充実しています。椅子の高さやデスクの高さを調整できるものや、引き出しや棚などを自由にカスタマイズできるものが多いのが傾向です。組み合わせが自由にできるタイプは部屋の間取りや成長に合わせて、変化させることができるのが特徴です。色も大人まで使用できるシンプルなものから、学習意欲をわかせることができるカラフルなタイプまで種類が豊富です。女の子に人気の白やピンクは思い描く、子供部屋のインテリアにぴったりです。一方、男の子に人気の学習机は青やグリーンなどさわやかなカラーが多いです。天然の木を使用した学習机の場合には、大人になるまで愛用することができ、使っていくうちに風合いが出るものもあります。また、子供が独立して使用をしなくなったら、親の作業台として有効利用できるタイプも人気です。大きな買い物になるため、無駄なく長く使用できるタイプを求める家庭が増加してきています。通販などでも購入できるため、子供と相談しながら希望のタイプを購入することができます。

机やベッドなどを揃える

学習デスク

子どもに学習机を購入する際、机自体の機能性と同時に考慮したいポイントが、「周囲の家具との調和」です。それというのも、子ども部屋で最も存在感のある家具は、大抵この学習机だからです。ですから、購入時にきちんと考えておかないと、後々の子ども部屋のコーディネートに困ることにもなりかねません。それを防ぐために最も有効なのは、学習机も含めた子供部屋の家具を「バラバラ買いしない」という方法です。具体的には、学習机とベッド、そして目立つ収納棚やチェストの類は、最低限揃えて買うと良いでしょう。その際には同じブランドやメーカーで揃えるのが最も簡単ですが、その他に、「素材や色で揃える」「テイストで揃える」という方法もあります。自分で決めるのが難しい場合には、家具店や量販店の中にはコーディネートのプロがアドバイスしてくれるお店もあります。また、家具によっては、最初からそれらがセットになって販売されているものもあります。こうした家具は並べて置いても隙間や段差ができにくいようになっていますから、スペースの有効活用としても便利です。特に高いロフトベッドとその下の収納・学習机の組み合わせは、大きな家具をワンスペースでまとめられて整理整頓もしやすいのが特長です。またこのタイプは、学習机の周りを棚や支柱が囲むため、独立した子ども部屋がなくても、ちょっとした仕切られた空間を作れます。ですから、学習机を買っても置く子ども部屋がないという場合に便利です。